かれんのつれづれ日記

2006年8月19日に男の子を出産しました♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜10時前にジャイアンから
飲みに行ってくる・ごはんいらないコールがあり、
12時頃帰ってきて、ハラヘッタ麺類食べたい発言に少々ご立腹のかれんです
つい先日「仕方ないですよね~」って記事にしたばかりですが
上司も先輩もいなかったのに日付が変わってから言われるとさすがに仏のかれんも文句も出ますわ。

特にブルーな気分だったのものあるんですけどね。
ジャイアンの電話のあと、またもやで少量ながら出血
どうしたもんか・・・うわっ出血って程でもなく・・・って状態で、
とりあえず具材だけ2人分(もう切ってあったの)で作ったビーフン食べながら「小早川伸木~」を観た次第です。

週末は土曜に車の引き取りがあるし、その後名古屋まで電車で行って
日曜には5ヶ月に入って最初の戌の日ということで「腹帯」の祈祷に神社に行く予定だし・・・

ジャイアンの夜食を文句言いながら作り、「また出血した」と話してるのに
食べたと思った途端そのまま爆睡んったく

〆に今朝、車を置いてきたご主人様を会社に送り届けましたわ
その時車中でジャイアン「お前昨日病院行かなかったの?ですと。
ムムムム、ムカッ(一晩寝てもまだ根に持ってた
「様子みて出血続くようなら行こうかなって言ったら、そうしろっていったじゃん

言うだけ番長もホドホドにしないとそのうち反撃するわよ

そして今朝一応に電話して状況を説明したら、診せにきてもらった方がいいということで、行ってきました

「とりあえず今は出血もおさまってるし、どこから出血したのかもわからないから原因もわからないけど、安定期に入ったし、赤ちゃんはもちろん、子宮の状態も胎盤も異常ないから、心配しなくていいですよ。」 とのことでした。

原因不明かぁとにかく問題ないってことでいいか。
夕方またちょろっとピンク染みのトイレットペーパーに遭遇しましたけどね

ジャイアンママから今日に「お赤飯と鯛の塩焼き」が送られてくる予定なんですけど、
未だ届かず確認の電話もしづらいし、どうにもならないし・・・。
ジャイアン「金曜に送るように言っておいたから」って言ってたけど、
「金曜に届くように」って伝えてくれたかしら「金曜に発送するように」って取れる言い方してないといいけど・・・。
今日の晩御飯の行方は・・・どうなる

↓たぶん今日は届かないと思っているそこの奥様も1クリックお願いします
banner_02.gif


スポンサーサイト

今日は晴天そしてポカポカ陽気
いや~、お洗濯もいいですけど、日向ぼっこにサイコーですね

さてさて、こんなこと午前中は言ってられなかったんです

実は昨日朝からな~んか腰からヒザまでが重くだるくて、そして生理痛の時たまにお尻の奥の方が痛いカンジがあるんですけど、その軽いバージョンで鈍痛があったんです。
なんにもしてないけどちょっと疲れてるのかなと思って、お昼までソファーで2度寝したら腰痛は少し残るものの鈍痛からは開放されて、よかったよかったと思って1日を過ごしておりました。

しかし、夜になって「小早川伸木の恋」を見終わって、震度3の地震にドキっとし、そしてジャイアンは焼酎飲んで日課のソファーで一眠りを始めた頃・・・(本日長編です。)

     続きを読む

みなさま、ここ数日かれんの体温を気にしてくださってありがとうございます

とうとう検査いたしまして・・・

     続きを読む

↓前編にコメントいただきありがとうございました
 あんなに長いのに、続きを待って頂き、嬉しかったです。

お返事の変わりといってはなんなんですが、手術のお話の続きです


さてさて・・・
卵巣膿腫茎捻転(卵巣の腫瘍がねじれた)と診断されたかれんは、
着々と手術の時間が近づき、術前の注射も済み、
ジャイアンがいないままそのときが来ました。

次にジャイアンに会うとき、かれん卵巣がなかったら・・・

なんて事を考えてつつ、母の動揺も心配でした。

弱虫かれんのくせに、こんなとき意外と冷静でいられるもんだなって思いました。

再びストレッチャーに乗り、手術室へ。

全身麻酔だったので、1・2・3・・・

かれんが眠っている間、お腹の中ではいろんなことが起こっていました。

まずお話した通りかれんの卵巣に大きな腫瘍が出来ていました。
両方に1つずつと思われたその腫瘍は片側にくっついていました。
通常 茎捻転 は卵管が捻じれることが多いそうなんですが、
かれんの場合、腫瘍自体が捻じれてひょうたん型になったそうです
だから二つに見えたようです。
その大きさ 4センチと5センチ
元の大きさを考えると10センチ近くもの腫瘍がかれんのお腹の中にあったわけです。

こんな捻じれ方をしたのが幸いし、卵管は何の捻じれもなかったので、
腫瘍だけを摘出することができました~
腫瘍の中身はね、

なんと髪の毛や脂、歯など

びっくりでしょ 
かれんのお兄ちゃん(雑学王)が教えてくれたんだけど(ってたぶん調べてくれたんだと思うけど)

何かの変化で卵巣が細胞分裂はじめちゃって出来る場合もあるんだけど、
かれん、お母さんのおなかの中で一時双子だったかもしれないんだって。
双子になりそこなっちゃった相方の形跡って場合もあるそうです。

そうやって言われると、取っちゃってよかったのかな なんて一瞬思っちゃいましたけど、
とりあえず悪いものでもなかったってことで・・・
腫瘍のヤツ~なんて思うことないでしょ
細胞診でもガンではなかったようです。
術後家族はブツを見せられたそうですが、母は怖くて直視できなかったってさ。
もう2度と見ることないかもしれないのにね~、もったいない(笑)
かれんは先生から写真を見せてもらいました。おなか切ってる写真も一緒にね・・・。

そしてそして・・・ (まだまだ続くよ~


↓ランキングにご協力をお願いしま~す
banner_02.gif

     続きを読む

2004年春。
3月31日からジャイアンは1ヶ月間大阪で研修を受けていました。
たった1ヶ月の事なのに、送り出した後、
一人桜 を見て涙して、帰宅しても1時間しかたっていない主人の不在に泣いたものです。

1週間もたつと、今まで一人暮らしをしたことがなかったし、この先子供ができたりして一人暮らしをすることもないだろうと思い(甘い考え
近所のカルチャースクールの体験講座を受けまくり、
まだ日の浅い岐阜の生活を謳歌しようとアクティブに生活しておりました。
おなかに大きな腫瘍があることも知らずに・・・。
ファンクダンスのレッスンを受けた翌日は自宅で復習
そして翌々日はジャズに合わせてストレッチレッスンに参加
いい汗をかいて日々を過ごし、これは体験だけでなく本申し込みをしようと決めた翌日・・・

↓ランキングにご協力をお願いしま~す
banner_02.gif



     続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。