かれんのつれづれ日記

2006年8月19日に男の子を出産しました♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しちゃいました~。

明日でこうちゃん2ヶ月です☆
先月末実家から帰ってきたのですが、すぐに乳腺炎になってしまい、
39度を越える高熱とオッパイの激痛と戦っておりました

あんなにしんどいものか~乳メンテに毎日通い、薬も飲むことになり、詰っている炎症をおこした母乳を無理やり搾りだす作業は陣痛並みです
ものすごい力で搾られるので乳輪擦り切れまくり

これに懲りて未だものすごい食事制限でストレスたまりまくりです
もういいだろうと思って、実家にいる間に暴飲暴食してたんですね~。食べてストレス発散してるカンジで。

けど懲りました~。今は乳製品、油もの、甘いもの、果物は カロリーも抑え、母乳出しておなかヘリヘリだけどダイエット生活してます

おかげで妊娠前より3キロ減です。
そしてふと鏡を見るとホウレイ線
老け路線まっしぐらなかれんですが、こうちゃんと一緒に保湿対策頑張ります

そんなワケで、記憶も薄らぎそうなほど時間が経っちゃいましたが
出産記その3 とりあえず分娩完結編です

お時間あるときにでも読んでやってくださいませ~



赤ちゃんが回転しだすと痛みの種類が変わってくると言われましたが、
まだまわっていないよう・・・。
しかし、陣痛の度に吐き気がするようになってきた
一番最初は口をゆすぎに立ったけれども、次からはそんな余裕もなくなってました。
ここで役に立ったのが持参した折れ曲がるペットボトル用ストロー

5分間隔で吐くので常にお茶を口にしてたんですね。
お家から持っていった「杜仲茶」(ノンカフェインだし、中性脂肪が減るとテレビでやっていて麦茶から杜仲茶に変えていたんです)1Lはお昼から飲んでいたし、すぐになくなって
ジャイアンに何度お茶やらイオン水やら何度買いに行ってもらったやら・・・。

そしてしばらくすると明らかに痛みの度合いがUP
フゥ~っと息を吐こうにも声まで出てしまう。
痛みの時間もかなり長くなってきました。
けれど嘔吐のおかげで力が分散されてよかったのかも。。。

陣痛がきたらすぐにさするか何かして欲しいのだけれど、
ジャイアンったら、陣痛が来たらまずはメモメモ
そんなの後から書けばいいだろ~!!!
ジャイの動き一つ一つがスローに感じて仕方ありませんでした

そして0時。
こりゃ~相当開いているだろう~。そろそろいきみたいんですけど~。
子宮口3センチ
いきむどころじゃない状態なんて~
3センチって、夕方ビクス友達がすでに3センチ開いてるからとりあえず入院って状態と一緒だよね~
こんなに辛くて3センチ。。。
このペースでいったら果てしなく遠い道のりだわぁ。

陣痛のいきみ逃しも、ちょっと変化が。
もうクタクタで声が出なくなってきたんですね~。そして呼吸法をちょっと変えてみたんです。
フゥ~っと吐いて、そこで止まっていたのですが、さらに吐ききる
もう体の空気がなくなるほどその方が楽だって気付いたんです。
っていうかそうしないとしのげないって言ったほうが正しいかな

そしたらジャイアン「陣痛痛くなくなってきたんか」ですって~
そんなワケないですよね。

手に力が入ってしまい、力入りすぎで震えるほどです。
いけないと思ってもそうしないとおなかでいきんでしまいそうになるので、なんとかガマンしなきゃと必死でした。

2時。
子宮口8センチ
お~!!!一気に開いてきました~
ジャイも私もちょっとビックリ。
そしてしばらくして一番最初にいたLDR室へ移動することとなりました。
普通は歩いて移動するのですが、助産師さんに
「もう歩けそうにないね。車椅子もってくるね」と言われ、車椅子で移動することになりました。
それから「旦那さん、この荷物もってきてください。」と言われ・・・
彼なんて言ったと思います~
「え僕も行くんですか

おーーい立ち会うんじゃなかったんか~い

助産婦さんちょっと訝しげな顔してましたね~。
けど、ま、ま、一緒にLDR室に移動してくれました。

そして、入院して最初にやったNST(ノンストレステスト)をしました。
陣痛の間隔はまだ5分近くありました。けど5分のうちおさまっている時間はもうほとんどなく。。。
その間も嘔吐はとまらずビニール袋が手放せません

そうしているうちに子宮口も全開になったようです。
先生もやってきました。朝の内診の時と同じ先生です。

そしてそしてジャイアンはというと・・・。
カーテンの向こう側で待機しているではありませんか
助産師さんが彼は立ち会うつもりがないと判断したらしく、
「じゃあこちらへどうぞ」とかれんから離れた家族待機のソファーの方へ案内していました。
カーテンの隙間があり、ソファーに座ってちょこっと覗き込んでいる顔が見えます。

仕方ないですね~。出来れば立ち会いたくない彼にしてみればちょうどよかったわけですし。
あとから「こっちへって言われて中に入れなかったよ~」なーんて言ってましたけど

さぁようやく産める!
横向きになっていた体勢を仰向けにして、足も全開

「じゃあ次陣痛が来たらいきんでいいですからね」

いよいよ本番がやってきたカンジです。
・・・が
陣痛が来たは来たんですけどね、さっきまでの痛みより若干和らいだんです。

どうやらかれん、ずっと横向きで陣痛に耐えておりましたが、
仰向けの体勢の方が痛みが和らいで楽だったようです
もっと早くに気付いていれば~
助産師さんに「あれ?今のでいきめなかった?」「この体勢の方が楽になったのかな~」って言われました。
まさにその通りさすがですね~。

けれども次の陣痛が来たので今度は頑張っちゃいましたよ~
1度で頭が出てきました
ビクスで何度となく練習した腹筋役に立ったみたいです

けどね~その先がなかなか・・・。
すると先生から「おなか押しますから それに負けないでいきんで頑張ってください」

そしてものすごい力でおなかを押されます
例えると人工呼吸みたいかな。それを全体重をかけてやられます。。。
踏ん張って踏ん張って すると今までの人生の中で出したことのない声が出ました

それを何度されたでしょうね~もうちょっと記憶に残っていないのですが、相当な回数だったかと思います。
その後 産前ずーーっとビビッていた会陰切開をしました。
いざとなったら、ビビる余裕もなかったです。
実際、あ、切ったんだろうなとはわかりましたが、な~んにも痛くもなんともありませんでした。

そしてまた押されたところで、助産師さんが先生にストップをかけたんです。
「あとは自分の力で産ませてあげてください」って。
振り返ってみると、これ感動です人間味があるというか、そういう配慮をしてくれる助産師さんにとっても感謝しています
破水して随分立っていたし、頭がちょっと出た状態で止まっていたので、赤ちゃんが弱りそうだったんですって。
だから早々とおなかを押されたようです。
それでも、最後は自分の力だけで産ませてあげたいと思ってくれたんですね

最後の踏ん張り うーーーんっ   出た
あとは ハッハッハッハッと力を入れないように・・・。

そしてあったか~いものがすべり出てくる感覚。

5時42分 誕生です 

分娩台に上るまでは相当かかりましたが、
分娩時間自体は30分ちょっとくらいだったみたいです。

すぐに泣き声がしましたそして生まれたての状態で胸に抱かせてくれました。

はじめまして

ジャイアンもこちらに来てくれました。
何も言いませんでしたが、頭をポンっと撫でてくれました
口ベタな彼らしいですね
そこで初めての家族3人の写真を撮ってもらいました

それから計量したり沐浴があったり、色々としている間に
かれんは後産と会陰切開したところをチクチクと。
後産は自然に出るのを待つのではなく、おなかの上から子宮のあたりをグーっと押されて出てきました。
それをしている間、先生 立ち寝
なんだかなぁ 確かに不眠不休だったと思いますけどね。

後から助産師さんに聞いたら、
かれんの出産はもう少しあとになりそうだということで、一旦帰宅しようとするところを急遽呼び戻されたらしいです。
この日 6人が出産して かれんが一番最後だったんですって~
入院したときは病院は空いていましたが、次から次へと追い抜かれ気付けば最後だったみたい

そして ま~だ~???って思うほどチクチクチクチク縫われました。
うわさ通り、かなり細かく縫ってくれているようです。
それに結構切ったみたいで、その出血も多いので点滴に子宮収縮剤も投与されました。

そんな頃、かれんママ登場~間に合いませんでした。
っていうか、ジャイアンが分娩開始の連絡をしてくれたのですが、
まさかこんなに早く生まれるとはってのと、2つあるLDRのお部屋のどちらにいるかわからなかったみたいです。
なにはともあれ、無事に出産できました~

2時間ほどそのままの状態で横になって、そのあとトイレに行ってから入院のお部屋に移動しましょうということに。
ジャイアンとかれんママは先にお部屋に。
そして看護士さんが誘導してくれて、
「もし気分が悪くなったら教えてくださいね」と。

・・・まさにそれ。立ち上がれない、気分が悪くなってしまいました
トイレの内側からノックノック
看護士さんに抱えられてベッドにもどりました貧血です。
もうしばらく横になってからとなりましたが、それでもフラフラしてしまい、
結局 再び車椅子に乗って病室にもどりました。

お部屋にはさっき産んだばかりのわが子がいます
フラフラでも横になっていても 体はまだまだ興奮状態ですし辛さはどこかに飛んでましたね~

その先にまた大変なことが次から次へと起きますが・・・。

ひとまず出産記、分娩まで おしまい
スポンサーサイト


誕生1ヶ月の記事から更新がなかったから
ご実家でのんびりしてるのかな~と思っていたら!
乳腺炎で39度の熱なんて!!! 大丈夫~?

出産記の第3弾、一気に読ませてもらったよ。
またまた緊迫した雰囲気にハラハラドキドキしちゃった。
それにしてもジャイアンさ~ん(笑)
どうしても立ち会いは避けたかったのね。
立ち寝してたって言う先生にもびっくり。
どうやって立って寝てたんだろう~(* ̄m ̄)プッ

まだまだ続きがあるのね。
楽しみにしてま~す♪
とりあえず今はかれんちゃんの体もお大事にネ・・・
2006/10/18(水) 23:06:20 | |わちゅ #bzMuMAl.[ 編集]

乳腺炎、だいじょうぶですか?
先生が立って寝てるなんって・・・・v-403
旦那さんが立会いするのって、少ないですよね・・・友人の旦那さんは拒否していたけど、人手がたりないからって分娩室に無理やり入れられたそうですが・・・v-391その後、2人目のときも感動したからと言って、立会いしたそうですよ。v-398

うちはなんだかんだ言って、立ち会ってくれないだろうけど・・・まだまだ先の話だけどね。

お大事にね★
2006/10/19(木) 15:18:28 | |ひさよ #-[ 編集]

お久しぶりですね!
どうしたのかなと思ってましたv-411

乳腺炎大丈夫ですか?
搾り出すのが陣痛並みとは・・恐ろしいv-399

こうちゃん もう2ヶ月なんですね。
どんどん大きくなってますよね。

出産記読んで 私自信の時のこと 思い出しました。
なんだかもう懐かしい・・。
ホントに助産師さん「感謝!」ですねぇ!!!!
さすが!先生よりも頼りになる存在ですね。

その先も何か大変なことがあったようで
とっても気になります!!!!!
2006/10/19(木) 18:44:49 | |こころ #-[ 編集]

v-22わちゅたんへ
ご無沙汰しちゃいました~。
実家ではのんびりしてたんだけどねv-408
とりあえず乳腺炎は気をつけながら元気にしてますv-410
ジャイアンはカーテン越しにかれんのいきみ顔を覗いてたよv-411
一応遠~くから立ち会ったってことかしらi-198
わちゅたんの出産の時はダーリン近くで立ち会ってくれるといいねv-392

v-22ひさよさんへ
乳腺炎になりやすいとは言われていたのですが、こんなに辛いものとは思いもしませんでした~。その中でもひどい部類だとかで・・・。
かれんの出産したクリニックは立会いが当然!みたいなカンジで、ひさよさんのお友達のように強制的にって聞いていたのですが、ジャイの態度を見て無理強いするのやめたんでしょうね~i-230
ひさよさんの旦那様もジャイタイプですか?いざとなったらうちと違って近くにいてあげたいって思うかもしれないですよv-363

v-22こころさんへ
お久しぶりです~v-343
乳腺炎コワイですよ~(脅かしてるi-198i-229
陣痛の辛さってどんどん忘れていくものなんでしょうね~。
胎動の感覚もだんだん忘れていってしまうし、ちょっと寂しい気もしますv-410
ゆうくんとの4ヶ月、あっと言う間でも中身のとっても濃い4ヶ月だろうから出産が遠い記憶になるんだろうな~v-398

立ち寝の先生、壁にもたれて腕組みしてお目目閉じてました・・・
2006/10/23(月) 11:30:38 | |かれん #FBS4NHfE[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://karennotsuredure.blog28.fc2.com/tb.php/206-0e6ef8a0
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。